POSER Character

V4 to PEに投票してきました

まにほにさんが書かれているBlacksmith3Dさんのスレッドに、投票にいってきました。
やはりV4 to PEに賛同するレスが多いようです。

ぜひ、実現してほしいです。
ついでに、PE用にコンバートしたMayuさんのイメージをギャラリーにアップしてきました。
前回記事のイメージを少し修正したものです。

 

| | コメント (0)

ProjectE One 再び2

まにほにさんから、フリーのヘッド・テクスチャーコンバーターをご紹介いただきました。
そこで、テクスチャーでどんな感じに変わるか、やってみました。

使用したフリーのテクスチャー・コンバーターは、こちらです。

使い方は、先ほどのページのコメントにあありますが、こちらです。

説明を読みながら、Mayuka for V4 と、Mayu for V4のヘッドテクスチャーをコンバートしてみました。
コンバートといってもかなりおおざっぱにパーツを合わせるといった感じですが、お試しには十分だと思います。

やってみると、Mayukaさんとは、あまり相性がよくなかったようです。(;^_^A
髪のせいかもしれませんが、Mayuさんのテクスチャーとは、大変よく合う気がします。
お試しレンダがこちらです。

1905231

V4では、こんな表情は無理でしたので、Mayuさんがパワーアップして蘇った感じです。
ちなみに、G3FのMayu2より、表情が多彩だと思います。
もう一枚はこちらです。

1905232  

なかなか気にいったので、ぜひBlackSmith3Dさんにコンバーターを作ってほしいです。
私もRenderosityに投票に行ってこようかな。^^

 

| | コメント (0)

ProjectE One 再び

まにほにさんのサイトで、ProjectEのボディシェイプをV4に近づけるシェイプ(ベータ版)が配布されてました。
さっそくいただいてきて、試しましたが、さすが、なかなかよいですね。

1905211

こちらが、デフォルトシェイプです。
Girl Next Doorという感じで、リアルなのですが・・・。(;^_^A

1905212

で、こちらが、まにほにさんのMH_V4ish Bodyを適用後です。
素晴らしい!結果に見事にコミットしてます。(若干古いか)

ということで、私のモチベもどかーんと上がりました。(笑
Mayuさん愛用の髪をひっぱりだしてきて、お顔をせっせと作ってみました。

細かいところまでモーフが用意されてますし、表情モーフも多彩です。
私のマイキャラにしたのが、上のイメージのお顔です。
プリセットのYamatoさんのスキンを使い、シェイプを少し入れてあります。
Japaneseなんとかという目や鼻のモーフもあり、素晴らしいです。

アップはこちら・・・。

1905213

作者のerogenesisさんも、この髪を愛用されているようで、丸いお顔のキャラも、私の好みと共通点があるように思います。(;^_^A
まにほにさんが書かれていましたが、テクスチャーコンバーターが出たら、私もキャラを作ってみたいです。
今度は、R18用になるかも・・・。(;^_^A

 

| | コメント (2)

Maki for La Femme がリリースされました

Renderosityにて、Maki for LaFemme がリリースされました。

はじめてのLaFemmeキャラクターということで、なかなか思うようにならなかったのですが、改造して使っていただけたらと思います。

<内容>

Maki_Head_INJ
Maki_Head_REM
Maki_Body_INJ
Maki_Body_REM

今回のキャラは、Maki_HeadおよびBodyダイヤルを1にするとMakさんになります。
これは、Lafemmeさんとモーフ自体がマーチャントリソースになっているためでです。

LaFemmeさんのモーフと自分で作ったモーフあるいはマーチャントリソースのモーフのみを結合して、キャラを作れます。
これは、LaFemmeさんのユーザーガイドに書いてありますので、興味ある方はどうぞ。

20 Skin textures(4096x4096)
4 Eye textures(1024x1024)
1 Eyelash textures(2048x2048)
4 Nail textures(4096x4096)
4 Lip texture

Custum morphs(PBM)

Maki_Head
Maki_Body
Maki_Eyes Blink Left
Maki_Eyes Blink Right
Maki_Eyes Blink
Maki_SmileWide

お顔を変えているので、目を閉じるには、専用のモーフを使います。
また、SmileWideも専用です。

Headテクスチャーには眉毛なしも入ってます。
なお、RenderosityでChild認定されているため、PubicHairその他はありません。(;^ω^)

Body_INJを適用すると、頭のサイズが大きくなります。
このため、髪を手動で合わせる必要があります。
変えたくない場合、Head_INJのみ適用してBodyはお好みで調整してください。

以前の記事で、La Femme Body Kit MRは不要と書きましたが、確かにMaki_Bodyというダイヤルを1にするので不要です。
しかし、コンフォーム服を着ると、当然うまくフィットしてくれません。
LaFemmeさんの服にダイナミッククロスが多いのも、このためかも・・・。

Makiさんの設定値をリドミーに書いてありますので、服のダイヤルを設定してフィットできます。
大した設定ではありませんが。(;^ω^)
ちなみに、スーパーコンフォーミングするためには、La Femme Body Kit MRをインストールして自分でダイヤル設定する必要があります。

Renderosityのページはこちらです。

1904061

| | コメント (0)

La Femmeさんのキャラづくり その5

プロモ作成していたのですが、そういえば、他の髪を使ってなかったので、昔の髪を引っぱり出して合わせてみてます。

DAZ StudioではIray対応でない場合、マテリアルを調整しないといけないので面倒なのですが、PoserのSuperFlyでは、おおむねそのまま使えるようです。
Victoria3用の懐かしい資産が使えるので、少しうれしいです。^^

合わせてみると、アレレ?な感じになったりして、少しお顔の微調整をしました。

1903292

この髪は、CecileHairです。
Mikakoさんや、Mayumiさんにも合わせたことがありますが、やはり顔の系統が似てる・・。(汗

1903293

この髪は、AlanisHairです。
Renderosityのfabianaさんが、FKDesignという名前の頃、3DCommuneというマーケットで購入したものです。
現在はV4対応されてますが、私のこれはV3用です。^^;

1903294

最後は日本の髪の定番ということで、redviperさんのneneHairです。
これを被れるということは、まあ日本的なお顔だということで、よしとします。(笑

ということで、現在プロモ作成中です。^^

| | コメント (0)

La Femmeさんのキャラづくり その4

現在、La Femmeさんのアイコンを作っています。
SuperFlyだと、時間がかかるし、はっきりしないなあと思い、懐かしのFireFlyを使ってみました。
試しに、HDRVFXを使ってみたら・・・。
なかなか、いいではないですか。
クッキリした画像で、しかも超速い!
使ったのは、これです。
1903251
以前のPoserは、こんなに綺麗にレンダできなかったと思うのですが・・・・。
ほとんどデフォルトでレンダしても、とても綺麗です。
ということで、作った表情でGIFアニメを作ってみました。
ちょっと粗いですが・・・。(汗
GIFアニメは、以前、DAZ Genesis8でMayumiさんを作った時に使ったサイトを使いました。
190325anim
いやあ・・・いつもながら、お顔が丸すぎですか、ありですか・・。(笑
そういえば、このキャラの名前ですが、いつも通り[M]で始まる名前で短くて簡単な「Maki」とします。
アイコン作成が終われば、プロモを作ります。^^

| | コメント (0)

La Femmeさんのキャラづくり その3

前回記事から、少しお顔が変わりました。
今回のキャラは、大人っぽくと思っていたのですが、やっぱり少し若くなりました。(汗
お顔は、あれこれポーズをつけていじっているうちに、偶然に気に入ったお顔になることが多いです。
ベースキャラによって、いろんなお顔ができるのも、楽しみの一つですね。
で、現在は、こんな感じになりました。すっぴんです。
ブルーのネイルだけ、付けました。
1903242
メイクをつけてみたら、こんな感じに・・・。
ピンクのマットなルージュに、ネイルです。
1903243
髪がこんな風なので、メイクすると、キャバ嬢ぽくなるなあ・・・。(汗
GPU Mediumで手早くレンダしたものを、Photoshopでノイズ除去して、トーンカーブ弄ってます。
そういえば、POSERで、INJモーフを作る記事を以前に書きました。
ほとんど手作業でしたが、今はPoserPro11のメニューから簡単にできるんですね。びっくり。
Poser進化してました。
お顔もそろそろ固まりましたので、次のステップに行きます。^^


| | コメント (0)

La Femmeさんのキャラづくり その2

LaFemmeさんのキャラづくりその2です。

 
スッピン・テクスチャーのLaFemmeさんのテストレンダとシェイプ調整を繰り返してました。
DAZのIrayと3Delightと同様、プレビューとSuperflyの見え方の違いに相当悩みました。
SuperFlyでは、EnvSphereを使って調整しています。
 
LaFemmeさんのBodyモーフですが、標準のものでは、非常にスレンダーすぎてパラメータも少ないです。そこで、Renderosityで、La Femme Body Kit MRを購入しました。
 
このモーフセットは、V4などのボディモーフではなく、マーチャントリソースの扱いです。
このモーフを使ってカスタムボディを作って、それを一つのキャラモーフにして配布するというものです。したがって、ユーザーがこのモーフを買う必要がないようになってます。
 
 
1903181_2
 
さて、現在は、こんな感じで大人っぽいキャラになってます。(ポストワークありです)
 
問題の表情ですが、LaFemmeさんは、Genesis8と同様、ボーンで表情をつけることができます。ただ、口の表情プリセットが非常に少なく、SmileWideと、SmileSoft、MouthOpenの3種類のみです。LaFemmeさんのデフォルトでは、こんな感じ・・・。
 
1903182
 
マイキャラにSmileWideを適用すると、怖いので、Zbrushを使って修正することにしました。
久しぶりのPoserとGozですが、なかなかすごい機能なので、びっくり!
 
一つは、モーフ適用済のOBJをZbrushで加工して戻すと、自動的に既存のモーフを減算してくれることです。
いつからこんな機能が付いたのか、知りませんでした。
 
もう一つは、DAZ SrudioではできないHDモーフが作れることです。
いや、これは素晴らしい・・・。まあ、使うには相当腕が必要ですが・・・。
 
1903183
 
ということで、修正した笑顔が、現在これです。
もう少し要調整ですが、なんとかなりそうでよかった。
 
これから、表情をブラッシュアップして、メイクアップを作ります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Femmeさんのキャラづくり その1

G8F用のコートをアップしたので、LaFemmeさんのキャラでも作ります。
 
久しぶりのPoserなので、忘れていることもしばしば・・・。
さて、デフォルトのLa Femmeさんは、こちらです。
 
201903140
 
さすがに見た目、外人さんです。
そこで、Renderosityにあったマーチャントリソースを仮に調整して、適用。
 
付属のモーフをインジェクションして、お顔を直しました。
眼のあたりは、なかなか日本人ぽくならなかったので、モーフを一つ追加しました。
 
201903141
 
と、こんな感じになりました。
まあ、いつものマイキャラぽいのですが、癒し系という感じかなあ。
 
服をRenderosityにて買おうと思っているのですが、とりあえずDawnさん用のダイナミッククロスドレスを手直しして着用しました。
 
最後に、テストレンダをしました。 
 
201903142
 
V4用のポーズがなんとか使えるのがうれしいです。
さすがにコンフォーム服は着用できませんでした。
 
口元が鳥みたいなとこが、La Femmeさんの特徴かも・・・。
 
なんとかキャラができそうなので、本格的にテクスチャーやシェイプ、表情などを作ってみます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Femme さんをお迎えしました

コートづくりの休憩時間に、Renderosityで話題の新しいフィギュアをお迎えしました。

 
久々のPoserネタです。
La Femmeさんは、ラファームと読むらしく、フランス語で女性の意味なのだそうです。
100%オフでテクスチャーもモーフもついてるので、ファブリックテクスチャーを購入時に、一緒にカートに入れました。
 
さっそくレンダリングしましたが、以前のProjectE Oneのセッティングを使いました。
少しお顔をいじってこんな感じです。
 
1903091
 
髪はPaulineさんのものにINJを適用して使えるようになってます。
素直なお顔立ちで好きなタイプです。扱いやすい気がします。
ボディのバランスもよい感じです。
 
アイラインがちょっとキツイと思ったら、ナチュラルフェイスのマテリアルもありました。
適用したら、こんな感じになります。髪と目を変更してみました。
 
1903092
 
普通に日本人ぽくなりました。
これ、いいかも・・・。
Renderosityで、スキンテクスチャーのマーチャントリソースが出てるので、コートづくりが終わったら、キャラを作ってみたいかも。
 
あと、Poser11のレンダリングですが、以前より速くきれいになった気がします。
以前はPhotoshopでノイズを消してましたが、今は、不要という感じです。
 
服がまったくないので、テストレンダはこれで終了です。
もう少し、いろいろ試してみます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧