2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

POSER Character

2019年11月 3日 (日)

PEでうごイラ3

Project Evolutionでうごイラ3回目の記事です。
3回目といっても、新作ではなく、再投稿です。

うごイラはPoserPro11のプレビュー・レンダリングで作ってます。
プレビューなので、反射とかうまく表現されないことも多いです。

で、Poserのプレビューでは、ポリゴンの裏面がレンダされないと思っていましたが、なんと改善してました。
レンダリング設定で、Remove Backfacing・・・のチェックを外すと、レンダリングされるんですね。
Poser、地道に改善されています。失礼しました。

そこで、レンダリングし直して、レンダされていなかった髪の毛をうまく表示することができました。
「二人の出会い5」が、特に変だったので、某掲示板に再投稿しました。
これまで、閲覧、いいね!をしていただいた方、すみませんでした。

今回のプレビュー・レンダリングの方法を簡単にメモしておきます。
1911031

プレビュー・レンダリングの設定は、上図のようにしました。
ライトには、HDRVXを使って、明るさの足りないところはライトを追加しています。
また、デフォルトでは、影がギザギザに表示されるので、Preview Shadow Map Sizeを4096にするとよいです。

ネットを見ていると、最新のBlenderでは、Eeveeというリアルタイム・レンダラーが使えるのだそうで・・・。
ぜひ、Poserにも搭載してほしいものです。

 

2019年11月 2日 (土)

PEでうごイラ2

調子に乗って、もう2枚うごイラを作りました。
イケメンのAsh君がお相手で、これでMoaさんも満足でしょう。(笑

1911021

今回も大人向けなので、某掲示板でご覧ください。

うごイラは、PoserPro11で全161フレームという中途半端なフレームを作り、半分の80フレームをうごイラとしてアップしています。

前回同様、プレビューアニメですみません。
結構綺麗なんですが、髪の毛の透過が若干おかしくなるのが難点です。(-_-;)

もし、SuperFlyでレンダリングすると、1枚に2分レンダリングがかかるとして、160分+デノイズ時間かかることになります。
あらっ、アニメーションの時間が短いので、さほど時間かからないですね。(;^_^A
またの機会に試してみることにします。

 

2019年10月31日 (木)

PEでうごイラ

前回記事のつづきです。

Project Evolutionキャラなので、ここはがんばって動画・・・。
を作りたいところですが、レンダリングが大変なので、うごイラに挑戦しました。

うごイラは、某掲示板の機能です。
なんと、最大150フレームのパラパラアニメができるのだそうです。
かなりのアニメーションができそうです。

そういえば、大昔にプレビューで動画作ったことがありました。
あの当時から比べると、プレビューもきれいになってます。

1910311

悪戦苦闘の末、できましたが、残念ながら大人向けなので、ここでは表示できません。(;^_^A
某掲示板の方でご覧ください。

今回も市販品のアニメーションを調整して作っています。
PoserPro11のOpenGLプレビューもなかなかの品質だと思います。
iCloneなどと同様のリアルタイム・レンダリングともいえそうです。

さすが、Project Evolution、デフォルトでこういう動画用の表情まで付属してます。
こういう動画は、作りやすいです。

長いことPoserをやってますが、こういう動画は初めてアップしました。
そろそろ新境地を切り開かないといけませんね。
Project Eキャラの作成は、ちょうどよい機会になりました。(;^_^A


2019年10月30日 (水)

PEでコミック2

前回記事のコミックの続きです。

1910301

先日のDAZのセールで購入したLuxury Hotel Roomを使いました。
さすがにDSONインポーターではテクスチャーがうまく取り込めないようで、FBXでPoserPro11に取り込みました。
それからSuperflyのマテリアルに変えるのに手間取りました。
やはり、RenderosityでPoser用を購入した方が楽ちんです。

DAZ Studioでは天井のライトがエミッターで実際に発光するのですが、Poserでは方法がわからなかったです。(;^_^A
このため、照明の感じがDAZ Studioと異なります。

今回は、大人向けの内容を含んでいるため、続きは某掲示板(R-18)でご覧ください。
内容は大したことはありません。(;^_^A

おおむね、V4M4用の購入したポーズ集を調整して作成しています。
室内照明ということで、レンダリングにかなりノイズが残ってしまいます。
これをデノイズするため、過去記事のD-noiseを使用しました。
とても効果的です。Poserに組み込まれるといいのになあ・・・。

 

2019年10月28日 (月)

PEでコミック

ProjectEの作者であるErogenesisさんは、大人向けのコミックを作っていらっしゃいます。
そこで、作成したPEキャラで、コミックを作ってみることにしました。

登場人物は、Moa for PEと、相方にはPoserで動作するM4の貴公子、まにほにさんAsh君にしました。(^^)/
大人向けになるかもしれないけど、まにほにさん、いいですよね?(笑

そういえば女性ベース・フィギュアは、V4以降、La Femme、ProjectEがリリースされていますが、メジャーな男性フィギュアは出てないですね。
Ash君は、PoserPro11でも十二分に使えますが、マテリアルがSuperflyでないので、少し手直ししています。
不十分な点もあると思いますが、ご了承ください。(;^_^A

それでは第1回はじまります。

1910281

なんか無理やり感が漂っていますが・・・。(-_-;)

1910282
この展開、以前作った動画ぽい・・・。(;^_^A

1910283

ディープなPoserユーザーでないと、わからないトークですみません。

1910284

DAZ Studioユーザーでないとよくわからないトークだし。(;^ω^)

1910285

夜になってこの展開ですが・・・・ここで次回につづく・・・。(;^_^A

次回、大人向けの内容は、某掲示板の方に移行するかもしれません。
本家のErogenesisさんのコミックは、登場人物が多くレンダリングがものすごくリアルで・・・。
まあ、遠く及びませんが、なかなか楽しいです。(^^♪

 

2019年10月26日 (土)

PE用に服を変換してみた

以前、V4用の服をLa Femmeさん用に変換した記事を書きました。
今度は、同じ方法でV4用の服をPE用に変換してみました。

使用するツールは、La Femmeさんの時と同じ「Prefitter Basic」を使います。
PE用に「Prefitter-CR2 Vr to Project Evolution Extension」が必要となります。

変換するのは、以前から持っていたhongyuさんの「DreamlaceII for Victoria 4.0」です。

1910261

Prefitter Baseをロードして、V4 to Project Evolutionを適用します。
これで、PE用のFitモーフが組み込まれます。

1910262

変換するBraをロードして、メニューからCopy Morph from をクリックします。

1910263

コピー元にV4_donorを選択します。デフォルトでそうなります。

1910264

表示されるモーフから、FBM_PEのみにチェックを入れます。

1910265

これで、BraにPEフィットモーフのスライダができますので、1にします。
ちなみに、この時点ではコンフォームしてはいけません。(;^_^A

1910266

細かいところがフィットしていないので、これを修正します。
幸い、このBraには多くのフィット・モーフがついてるので、それでストラップを修正しておきました。

1910267

タブをクリックして、Fitting roomに移動します。
Newをクリックして新規セッションを開始します。
図のようにセッティングしました。
Braのオブジェクトはモーフ適用済、ゴールはPE Oneです。

1910268

すると、このような画面になります。
通常は、ここでFitting作業を行うのですが、この場合すでにフィットしてるので行いません。
フィッティングのやり方は過去記事をご覧ください。

そこで、すぐにCreate Figureをクリックしてフィギュア化を行います。

1910269

作成するフィギュアの名前を付けます。

19102610

必要なボーン・パートを指定します。
Braの場合だと、通常、Hip-abdomen-chest-neck-head,lCollar-lShoulder,rCollar-rShoulderまでですが、忘れていはいけないのがlBreastと、rBreastです。V5以降のフィギュアではBreastsの動きは、ボーンを使用するためです。

下部のTransfer morphs とAuto groupにもチェックを入れておけば、モーフのコピー、ポリゴン・グループ作成も行ってくれます。

19102611

少し時間がかかりますが、終わればフィギュアが追加されているはずです。
変換元は削除して、作成したフィギュアをライブラリに登録すれば完成です。
右のパレットを見てもらえば、PEのモーフが転送されていることがわかると思います。

こんなにたくさんあるし、ここに見えないJCMもたくさんあります。
DAZ StudioのAutoFitに慣れてしまうと、Poserでの服づくりに躊躇してしまうのも頷けます。(;^_^A
Poserにも必要ですねー、AutoFit・・・・。

さて、それはさておき、同様の方法で、Pantiesの方も変換しました。
Pantiesの方は、少しフィッティング作業が必要でした。
ちなみに、MoaさんのBodyは、肩幅など弄ってるので、フィットしない場合は、体形の方を直しちゃいます。(笑

Renderosityにすごいフリーのベッドがあったので、一枚レンダしました。(感謝)
ポーズは、V4に標準でついてるポーズを少し調整してます。
大抵のV4ポーズは、手直しで使用できるようです。
PEは、せくしーなので、お色気路線が合いますね。(^^)

19102612

 

2019年10月25日 (金)

Moa for PE リリースされました

本日、Renderosityにて「Moa for Project Evolution」がリリースされてました。
初めてのPEキャラなので、何かリクエストがあるかと思って待ってたんですが、あっけなくリリースとなりました。
よかった~。(^^)/

Renderosityでは、テスティング開始時にスタッフさんがメールをくれたりするのですが、今回はありませんでした。
Project Evolutionのテスト担当が別の人なのかもしれません。

一応、リドミーの内容をメモしておきます。

■このキャラクターセットは、東アジアのキャラクター(笑)です。
本家のPEはPoser10とPoser11に対応していますが、このセットはPoser11専用で、Poser10には対応しておりません。
Poser10用は、多分Superflyのマテリアルを外してあるのだと思いますが・・・。

■プロポーションを調整するため、頭の大きさを105%に拡大してあります。
このため、髪の大きさを調整する必要があります。デフォルトにする場合は、Head100ポーズを適用してください。

■服を着る場合など、NippleDefaultポーズを適用するとNippleがデフォルトに戻ります。

蛇足ですが、Evolution One Xでも動作確認しております。(;^_^A

Renderosityのページはこちらです。

1910251

 

 

2019年10月23日 (水)

Moa for PE アップロードしました

本日、Renderosityに「Moa for PE」をアップロードしました。

今週末にリリースできるとよいのですが・・・・。
フォルダ構成など少し気になりますので、はやめに・・・。

プロモはこんな風ですが、髪をErato Hairに変えてます。

1910231

2019年10月22日 (火)

PEキャラ作成中 その7

いろいろと最終調整中です。
今週末までになんとかリリースを目指してます。

hideoutさんのプールで1枚テストレンダしました。
Superfly用に何も調整してないのに、このプール、質感などすごいです。(感謝)

1910211

 

2019年10月19日 (土)

PEキャラ作成中 その6 INJポーズの作成方法2

前回の続きです。

1910187

ここから、PoserFileEditorを使用します。
ポーズ・ライブラリに保存したElf_Test.pz2を開くとこのようになってます。
Elf_Test.pmdをインジェクションして、FBMを作る記述と、BodyとHeadにチャネルを追加する記述です。

チャネルは追加のみで値を設定する記述は書かれていません。

1910188

次にフィギュア・ライブラリに登録したElf_Test.cr2を開きます。
こちらには、各モーフチャネルの設定値が記述されています。
ポーズファイルに変換するため、メニューのTool>Convert to poseをクリックします。

1910189

モーフ・ターゲットのポーズを作るので、右下のMoephをクリックします。
ちなみに、腕の長さなどプロポーションを変更した場合は、(Propagation)Scaleにもチェックを入れます。

19101810

これで、一応ポーズ・ファイルができました。
しかし、すべてのチャネルが記述されたままですので、メニューのTool>Filterをクリックします。

19101811

インジェクションしたいモーフ項目のみに絞り込むため、TypeのAll Morphsと、Filter,if non-zero valueにチェックをいれてOKをクリックします。これで、モーフ以外の項目および値がゼロの項目は削除されます。
下のDeleteとの違いがよくわかりませんが・・・。(-_-;)

19101812

このように、設定した2つのモーフ・ターゲットのみの記述になりました。
これをSave AsでElf_Test_INJ_Base.pz2として保存しました。

19101813

保存した2つのポーズ・ファイルの内容がこのようになります。
図のように保存したポーズ・ファイルに、インジェクション・ファイルの記述を追加すればよいことになります。

19101814

ここから、なぜかワード・パッドでの作業になります。(;^_^A
多分、PoserFileEditorでも作業ができるのではと思いますが、やり方がわかりません。

2019/10/20追記
まにほにさんに、やり方をコメントに書いていただきました。ご参照ください。

図のように左側の反転部分をコピーして、右側の位置にペーストすれば完成です。

ちなみに、Head_INJを作成する場合は、Headに関する記述以外を削除します。
Body_INJを作成する場合は、その逆になります。

より以前の記事一覧