2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

POSER Character

2019年10月16日 (水)

PEキャラ作成中 その4 モーフの作成方法

PoserPro11でのキャラづくりに必要なモーフの作り方です。
使用するソフトは、ちょっと高価なZbrushですが、随分簡単になってます。

1910161

モデルは作成中のPEキャラのMoaさんです。
選択してメニューから「Export Object mesh to GOZ」をクリックします。

1910162

こんなダイアログが出ます。Poseをつけたままの場合はチェックですね。
あと出力をポリゴングループかマテリアルかを選択します。
これは、Zbrushで作業に便利な方を選択します。

1910163

Zbrushが起動しますので、読み込みました。
お試しに耳をエルフにしてみました。
終わったら「GOZ」ボタンをクリックします。

1910164

Continueをクリックします。

1910165

PoserPro11に戻り、ダイアログが表示されます。
ここに作成したモーフ名を入力します。

1910166

右下のプロパティに「Elf-Ear」というスライダーができました。
値を1にすると、モーフが適用されます。

すでに多くのモーフが適用されたMoaさんのお顔のままでも、自動的に差分を計算してモーフを作ってくれるようです。
DAZ StudioでいうReverse Defomationですね。
また、この方法だと、自動的にフルボディ・モーフとして作成されます。これは便利!

次回は、次のステップに進みます。

今回のエルフ耳でテストレンダをしました。
DAZ Studioのマウイ島とNeneHairを使っています。
うーん、やはりこのままではRenderosityでキッズ認定されてしまう・・。(-_-;)

1910167

 

2019年10月13日 (日)

PEキャラ作成中 その3

ここのところ、PEキャラのテクスチャーとマテリアル調整をやってました。
Biscutsさんのマーチャント・リソースには、目、眉毛、睫毛、口内、歯のテクスチャーが付属していません。
このため、テンプレートを元に他のマーチャント・リソースを使って作成します。

今日調べたところ、Renderosityにて、Biscuitsさんが、フリーの口内、歯のテクスチャーを配布されてました。
助かりました。これがあるとないとでは、大違いです。
後残ってるのは、睫毛のトランスマップです。

それから、ヘッドとボディのINJを作りました。
PoserのCR2やPZ2も、いろいろ進化してるようですが、INJの作り方は、変わってないようです。

一応Moaさんという名前にしましたが、ボディの方は、自分流でパラメータを弄って作っております。
服を着るときに困るかもしれませんが、いざとなれば、まにほにさんのMH_V4ish Bodyを使わせてもらえば、楽になるでしょう。^^

ボディの方は、こんな感じです。

1910131

さすがPEだけあって、せくしーです。
とてもスレンダーなLa Femmeさんより、好みです。(;^_^A

名作のNeneHairを着用させていただきました。
この髪だと、Renderosityで子供認定されるのが怖いです。

そういえば、新しいPoser11Proなんですが、レンダリングがやたら速くなった気がします。
フィギュア1体とドームにHDRIという簡単な環境で、GPU High Qualityで、88秒です。(^^♪
以前は、こんなに速くなかった気がしますが、うれしいです。

レンダリングの設定でGPUプリセットが変わったような・・・・。(;^_^A
Renderosityに移って、いろいろ改善されたのかなあ・・・。

2019年10月11日 (金)

PEキャラ作成中 その2

PEのお顔を弄っては、レンダリングの繰り返しを行っています。
目とかあごとか、どうしても思うような形にならない場合、Zbrushにてカスタムモーフを追加しています。

お顔がよくなっても、うまく笑ってくれないと、いまいちです。
PEでの特徴的な笑顔がこちらです。

1910112

PEには、笑顔のリプレースという機能?があるようです。
矢印の「Smile Replacers」がそれで、例えば、「SMILE-Lucia_Replace」を1にすると笑顔が切り替わります。
こんな感じになりました。

1910113

うーむ、なかなかいいんじゃないかなあ。
すごく自然な笑顔になった気がします。
PEの表情、とてもよいですね~。(^^)/

2019年10月10日 (木)

PEキャラ作成中

昨日、RenderosityにアップロードしたMeguさんは、しばらくしたら、リリースされる予定です。

先日から作り始めたProjectEキャラですが、なかなか手強いです。(;^_^A
作者さんの個性が強いと、なかなかそれを変えていくのは大変です。
思えば、V4やGenesisは、クセのないシンプルなお顔でした。

PEキャラの場合、すでにYamatoさんというJapaneseキャラが用意されていて、エスニックモーフがあります。
それを生かしつつ、自分のキャラを作るのが、なかなか大変・・・・。

狙ったイメージ的には、こんな試作品を作りました。
1910101

いろんな角度でよい見え方をすれば一番なのですが、なかなかこれが難しい・・・。
以前、La Femmeキャラを作った時もそうでしたが、Poser物理レンダは、難しいなあ・・・・。
まあ、慣れてないせいもあるし、デノイズがかからないという難しさもありますね。

でPEキャラは、お顔は難しいものの、ボディの方は非常に細かいパラメータが用意されていて、作りやすいです。
とりあえず、服を着ることを考えず、作ってますが・・・。(;^_^A

2019年10月 8日 (火)

次はProjectE Oneキャラづくりします

Genesis8 Femaleの新キャラが完成しました。明日には、Renderosityにアップロードする予定です。

ということで、早速、ProjectEのキャラをやってみました。
以前の記事で購入したマーチャント・リソースは、Biscuits Project Evolution PE Skin Marchant Resourceです。
Biscuitsさんは、Renderosityで髪を販売しておられる方ですが、テクスチャーなども販売されています。
ProjectE Oneのテクスチャーにも名前が入っていますから、本家みたいなものですね。

以前作ったお顔に眉毛を乗せたテクスチャーを貼りつけて少し手直ししました。
バンプやスペキュラマップは、そのままなので、少しおかしいところもありますが・・・。

レンダしてみて、気に入ってしまいました。
ProjectEは、とても自然な表情がつけれるし、日本人ぽさも出しやすいです。
La FemmeキャラのMakiさんより、こっちの方が好きですね。^^
名前は、MoeかMoaにしようかなあ・・。(笑

1910083a

明日から、ProjectE Oneやっていきます。^^
ちょっと口を開けすぎたなあ・・・。(;'∀')

2019年5月24日 (金)

V4 to PEに投票してきました

まにほにさんが書かれているBlacksmith3Dさんのスレッドに、投票にいってきました。
やはりV4 to PEに賛同するレスが多いようです。

ぜひ、実現してほしいです。
ついでに、PE用にコンバートしたMayuさんのイメージをギャラリーにアップしてきました。
前回記事のイメージを少し修正したものです。

 

2019年5月23日 (木)

ProjectE One 再び2

まにほにさんから、フリーのヘッド・テクスチャーコンバーターをご紹介いただきました。
そこで、テクスチャーでどんな感じに変わるか、やってみました。

使用したフリーのテクスチャー・コンバーターは、こちらです。

使い方は、先ほどのページのコメントにあありますが、こちらです。

説明を読みながら、Mayuka for V4 と、Mayu for V4のヘッドテクスチャーをコンバートしてみました。
コンバートといってもかなりおおざっぱにパーツを合わせるといった感じですが、お試しには十分だと思います。

やってみると、Mayukaさんとは、あまり相性がよくなかったようです。(;^_^A
髪のせいかもしれませんが、Mayuさんのテクスチャーとは、大変よく合う気がします。
お試しレンダがこちらです。

1905231

V4では、こんな表情は無理でしたので、Mayuさんがパワーアップして蘇った感じです。
ちなみに、G3FのMayu2より、表情が多彩だと思います。
もう一枚はこちらです。

1905232  

なかなか気にいったので、ぜひBlackSmith3Dさんにコンバーターを作ってほしいです。
私もRenderosityに投票に行ってこようかな。^^

 

2019年5月21日 (火)

ProjectE One 再び

まにほにさんのサイトで、ProjectEのボディシェイプをV4に近づけるシェイプ(ベータ版)が配布されてました。
さっそくいただいてきて、試しましたが、さすが、なかなかよいですね。

1905211

こちらが、デフォルトシェイプです。
Girl Next Doorという感じで、リアルなのですが・・・。(;^_^A

1905212

で、こちらが、まにほにさんのMH_V4ish Bodyを適用後です。
素晴らしい!結果に見事にコミットしてます。(若干古いか)

ということで、私のモチベもどかーんと上がりました。(笑
Mayuさん愛用の髪をひっぱりだしてきて、お顔をせっせと作ってみました。

細かいところまでモーフが用意されてますし、表情モーフも多彩です。
私のマイキャラにしたのが、上のイメージのお顔です。
プリセットのYamatoさんのスキンを使い、シェイプを少し入れてあります。
Japaneseなんとかという目や鼻のモーフもあり、素晴らしいです。

アップはこちら・・・。

1905213

作者のerogenesisさんも、この髪を愛用されているようで、丸いお顔のキャラも、私の好みと共通点があるように思います。(;^_^A
まにほにさんが書かれていましたが、テクスチャーコンバーターが出たら、私もキャラを作ってみたいです。
今度は、R18用になるかも・・・。(;^_^A

 

2019年4月 6日 (土)

Maki for La Femme がリリースされました

Renderosityにて、Maki for LaFemme がリリースされました。

はじめてのLaFemmeキャラクターということで、なかなか思うようにならなかったのですが、改造して使っていただけたらと思います。

<内容>

Maki_Head_INJ
Maki_Head_REM
Maki_Body_INJ
Maki_Body_REM

今回のキャラは、Maki_HeadおよびBodyダイヤルを1にするとMakさんになります。
これは、Lafemmeさんとモーフ自体がマーチャントリソースになっているためでです。

LaFemmeさんのモーフと自分で作ったモーフあるいはマーチャントリソースのモーフのみを結合して、キャラを作れます。
これは、LaFemmeさんのユーザーガイドに書いてありますので、興味ある方はどうぞ。

20 Skin textures(4096x4096)
4 Eye textures(1024x1024)
1 Eyelash textures(2048x2048)
4 Nail textures(4096x4096)
4 Lip texture

Custum morphs(PBM)

Maki_Head
Maki_Body
Maki_Eyes Blink Left
Maki_Eyes Blink Right
Maki_Eyes Blink
Maki_SmileWide

お顔を変えているので、目を閉じるには、専用のモーフを使います。
また、SmileWideも専用です。

Headテクスチャーには眉毛なしも入ってます。
なお、RenderosityでChild認定されているため、PubicHairその他はありません。(;^ω^)

Body_INJを適用すると、頭のサイズが大きくなります。
このため、髪を手動で合わせる必要があります。
変えたくない場合、Head_INJのみ適用してBodyはお好みで調整してください。

以前の記事で、La Femme Body Kit MRは不要と書きましたが、確かにMaki_Bodyというダイヤルを1にするので不要です。
しかし、コンフォーム服を着ると、当然うまくフィットしてくれません。
LaFemmeさんの服にダイナミッククロスが多いのも、このためかも・・・。

Makiさんの設定値をリドミーに書いてありますので、服のダイヤルを設定してフィットできます。
大した設定ではありませんが。(;^ω^)
ちなみに、スーパーコンフォーミングするためには、La Femme Body Kit MRをインストールして自分でダイヤル設定する必要があります。

Renderosityのページはこちらです。

1904061

2019年3月29日 (金)

La Femmeさんのキャラづくり その5

プロモ作成していたのですが、そういえば、他の髪を使ってなかったので、昔の髪を引っぱり出して合わせてみてます。

DAZ StudioではIray対応でない場合、マテリアルを調整しないといけないので面倒なのですが、PoserのSuperFlyでは、おおむねそのまま使えるようです。
Victoria3用の懐かしい資産が使えるので、少しうれしいです。^^

合わせてみると、アレレ?な感じになったりして、少しお顔の微調整をしました。

1903292

この髪は、CecileHairです。
Mikakoさんや、Mayumiさんにも合わせたことがありますが、やはり顔の系統が似てる・・。(汗

1903293

この髪は、AlanisHairです。
Renderosityのfabianaさんが、FKDesignという名前の頃、3DCommuneというマーケットで購入したものです。
現在はV4対応されてますが、私のこれはV3用です。^^;

1903294

最後は日本の髪の定番ということで、redviperさんのneneHairです。
これを被れるということは、まあ日本的なお顔だということで、よしとします。(笑

ということで、現在プロモ作成中です。^^

より以前の記事一覧